顔のたるみをとる方法

顔のたるみをとる方法|たるみの意外な原因とは

顔のたるみをとる方法|たるみの意外な原因とは

 

 

頬がたるんできた
目の下のたるみが気になるようになった
口元のたるみがひどい…。

 

 

どこか1箇所でも顔にたるみがあると、一気に老け顔になってしまいます。

 

 

重力がある以上、年とともに顔がたるんでくるのは当たり前のことですが、

 

 

目の下はゴルゴラインをつくったり、頬のたるみはほうれい線やたるみ毛穴の原因になるなど、たるみによって肌トラブルもどんどん増えてしまいます。

 

 

何もせず放置してたるみを悪化させないために、たるみケアを始めましょう。

 

 

このサイトでは顔のたるみの原因から解消方法、たるみにいい化粧品などをまとめてみました!

 

 

顔のたるみをとる方法
<目次>
☆顔のたるみの原因
・加齢
・紫外線
・筋肉の衰え
・姿勢の悪さ

 

☆顔のたるみを解消する方法
・スキンケア
・表情筋トレーニング

 

☆顔のたるみにおすすめの化粧品

 

☆まとめ

 

 

 

 

顔のたるみの原因

 

1. 加齢

 

加齢によって肌のコラーゲンが減少・劣化してハリがなくなったことがたるみの大きな原因です。

 

 

また、重力によって年とともに顔の脂肪がどんどん下に下がってくるので、顔の脂肪の多さもたるみが目立つ原因になってしまいます。

 

 

若い頃は肌にコラーゲンがたっぷりあるうえに顔のお肉もまだ下垂していませんが、25歳頃から肌のコラーゲンが減り、重力によってだんだん顔のお肉が下垂してくることで顔のたるみは出来てしまいます。

 

 

じゃあ、顔のお肉が無い人はたるまないのか?というとそうでもありませんが、お肉が少ない人よりも目立ちにくいという事はあります。

 

 

 

 

2. 紫外線

 

紫外線も顔のたるみをつくります。

 

 

紫外線は目に見えませんが、肌の奥のコラーゲンがある場所にまで届いて、なんとコラーゲンを壊してしまいます。

 

 

20代半ばを過ぎて、ただでさえ減ってしまった肌のコラーゲンを、さらに減らしてしまうのが紫外線なんです。

 

 

なので紫外線を浴びれば浴びるほど、ちゃんと対策をしていないと肌のハリが失われて顔のたるみも加速しちゃいます(>_<)

 

 

「肌老化の原因の65%は紫外線」といわれるほど、紫外線のパワーは絶大なんですね。

 

 

 

 

3. 筋肉の衰え

 

筋肉(表情筋)の衰えも、顔のたるみの原因です。

 

 

体と同じように、顔の筋肉も使われないとどんどん細くなってしまいますからね。

 

 

顔の筋肉が衰える1番の原因は加齢ですが、若い人でもよく噛まずに食べる人や、あま喋らない、笑わない人、引きこもりがちな人などは筋肉を使わないので早いうちから衰えてしまいます。

 

 

とくに現代人は多忙なのでごはんをよく噛んでたべる時間がなかったり、クリック1つで人に会うことなく買い物ができてしまったりなど、顔の筋肉が衰えやすい環境だと思います。若い人でも油断はできませんね。

 

 

 

 

4.姿勢の悪さ

 

そして、意外なことに「姿勢の悪さ」も顔のたるみの原因になることがあります。

 

 

猫背とか、首だけ前に突き出た姿勢(スマホネック)を続けていると、首の前側の皮膚に負担がかかってしまい、顔が下へ下へとたるむと言われています。

 

 

全身の皮膚は1枚の皮でつながってるので、こういうことが起こるんですね〜。

 

 

毎日なんとなく取ってる姿勢が顔をたるませてたなんて…。意外ですよね。

 

 

仕事で1日中パソコンとにらめっこしてる人やスマホが手放せない人は、姿勢に気を付けるようにしましょう。

 

 

 

 

顔のたるみを解消する方法

 

1.スキンケアで肌のハリを復活させる

 

まず、スキンケアで肌のハリ・弾力を復活させましょう。

 

ハリを出すには、ピーリングやコラーゲン強化成分でケアすると効果的です。順番に見ていきましょう。

 

 

ピーリング

 

肌細胞を活性化して、コラーゲンの生成を促す効果があるのがピーリングです。

 

 

ピーリングをすると肌の古い角質が取りのぞかれるので、肌の生まれ変わりがスムーズになってハリが出るんです。

 

 

セルフでピーリングする場合は週に1〜2回くらいが目安ですね。続けることでだんだん肌がふっくらしてくると思います。

 

 

※肌が弱い人や肌のコンディションが悪いときはおこなわないようにしましょう。

 

 

 

コラーゲン強化成分でケア

 

肌のコラーゲン生成を促してくれるレチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンなどが配合された化粧品をつかうのもおすすめです。

 

 

コラーゲンそのものが配合された化粧品は、肌をしっとり保湿する効果はあっても、肌のコラーゲン生成を促進する作用はありません。

 

 

なので、肌のハリを出すためにはレチノール、ビタミンC誘導体、またはナイアシンが配合されたものを選んでください。

 

 

これらの成分でスキンケアすることで、肌のコラーゲンが増えてピンとしたハリが復活してきます。

 

 

もう1度言います。

 

肌のコラーゲンをふやすには、コラーゲン配合のものではなく、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシン配合の化粧品を使いましょう。

 

 

 

美顔器でたるみケア

 

美顔器でたるみケアするのも良いですね。

 

 

イオンの力で美容成分を肌の奥まで届けられる「イオン導入」や、EMS機能で顔の筋肉を刺激して引き締められるものまで色んな種類があります。

 

 

顔のたるみを解消するなら、「イオン導入機能」と「EMS機能」、そして「超音波振動」の機能がついている美顔器がおすすめですね。

 

 

 

 

紫外線対策を徹底

 

紫外線対策も忘れてはいけません。

 

 

顔のたるみの原因になるのはUV-A波なので、UV-Aカット効果の高いPA++++の日焼け止めを使いましょう。

 

 

PAはUV-Aをカットする強さを表していて、PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階になっています。

 

 

できればPA++++を普段使いするのがオススメですが、肌がよわい人はPA++を目安につかいましょう。

 

 

最近では美容液感覚でつかえる日焼け止めも増えていますよね。

 

 

SPFにばかり目がいきがちですが、これからはPAも確認して日焼け止めを選びましょう^^

 

 

塗る量が少ないとUVカット効果が激減してしまうので、たっぷりの量を塗るようにしてください。

 

 

目安は、顔の大きさや日焼け止めの種類にもよりますが、顔全体で500円玉大ほどです。

 

 

手に出してみると結構多いんですが、これくらい塗った方が確実に紫外線をカットできます。

 

 

表情筋トレーニング

 

つぎに、衰えてしまった顔の筋肉を鍛えていきましょう。

 

 

頬の筋肉を鍛えるエクササイズ
1. 500mlの空ペットボトルに5分の1ほど水を入れる
2. 唇だけでくわえて持ち上げる
3. そのまま30秒以上キープ
・歯を使わないように注意!
・これを1日3セットおこないましょう

 

 

口元の筋肉を鍛えるエクササイズ
1. 鏡を見ながら、両方の口角を限界まであげる
2. 口角をあげたままの状態で30秒以上キープ
・これも1日3セットやりましょう
・やりにくい人は割りばしをくわえてやってみましょう

 

 

目元の筋肉を鍛えるエクササイズ
1. 鏡を見ながらまっすぐ前を見て、片目をゆっくりつむっていく
2. 目を閉じる寸前で止めてキープ
3. 目を閉じないように注意して15秒以上キープ
・まぶたがプルプル震えてるのを感じながらやると効果アップ
・反対の目も同じようにおこないましょう
・両目で1セットとして、これを1日3セットやりましょう

 

 

 

顔の筋肉を鍛えると、目力がついて笑顔が魅力的になったり、口角がキュッと上がって写真写りが良くなったりします♪

 

 

自分磨きのためにも、毎日続けてみましょう^^

 

 

 

顔のたるみにおすすめの化粧品

 

 

顔のたるみを解消するには、レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシンが配合された化粧品がおすすめです。

 

※制作中

 

 

 

まとめ

 

 

顔のたるみについてまとめてみましたが、いかがでしたか。

 

 

顔のたるみを解消してメイクやおしゃれを自由に楽しめるように、セルフケアを一緒にがんばりましょう^^b

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ