顔のたるみをとる整形ってどんなのがある?

顔のたるみをとる整形ってどんなのがある?

顔のたるみをとる整形ってどんなのがある?

 

 

セルフケアでどうにもならない時は、整形でたるみを解消する方法もあります。

 

 

たるみ取り整形にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

 

リフトアップ手術

 

リフトアップ手術は、その名の通りたるみを引き上げてフェイスラインを整える手術です。

 

 

耳の周りの頭皮の生え際の所を切開して、たるんでいる皮膚を引きあげて縫い合わせます。

 

 

メスを入れる手術なのでハードルが高いかもしれませんが、プチ整形などよりも劇的に変わることができます。

 

 

デメリットとしては、皮膚を切り取ってしまうので元には戻せないことと手術後に腫れること、痛みがあること、そして頭皮の中とはいえ傷跡が目立つ場合があることです。

 

 

別人のように顔のたるみが解消されるうえに効果は半永久的ですが、これらのデメリットを理解して、覚悟のうえで手術にのぞむ必要があります。

 

 

 

ヒアルロン酸注入

 

ヒアルロン酸注入は、顔のたるみやほうれい線を解消したい人に人気のプチ整形です。

 

 

ヒアルロン酸でシワの凹を物理的に埋めることで、肌にハリが出て若返ってみえます。

 

 

ヒアルロン酸はもともと体内に存在している成分なので安全性が高く、アレルギーが起こる心配が少ないことと、5~10分程度ですぐに終わり、メスを入れない手軽さから大人気のプチ整形の1つです。

 

 

デメリットとしては、効果が永久ではないので定期的に打ち続けなければいけないこと、内出血が起こる可能性があること、注入のしすぎや医師の腕によって不自然な凸凹が出来る可能性がゼロではないことなどが挙げられます。

 

1度注入してしまうと若々しい自分の顔に見慣れてしまうので、半年ほどたって元の顔に戻ると「また打たなきゃ!」となってしまうかもしれません。

 

 

ヒアルロン酸を定期的に打てる経済的な余裕と覚悟がある人にはおすすめします。

 

 

 

サーマクール

 

サーマクールとは、肌を冷やしながら高周波の電流で肌の深部をあたためて、コラーゲンの生成を促すことで肌のハリ・弾力を高めて顔のたるみやシワを解消する方法です。

 

 

レーザーのようにサーマクールの機器を肌に当てるだけなので、顔に異物を入れたくない方にはぴったりです。

 

 

デメリットとしては、結構お値段がすることです。1回の施術で10万〜はします。

 

 

1回で高い効果が得られるので、お財布に余裕がある人はやってみても良いかもしれません。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ